伊達こども園|園の保育

伊達こども園

園の教育・保育

教育・保育の概要

<教育・保育理念>
  • どんなに幼く無力な子どもでもかけがえのない一人の人格として重んじる。
  • 子どもが本来持っている自ら生きよう、伸びようとする生命力を援助していく。
  • 子ども目線にたって環境を整備し、意欲を持って活動する姿を援助する。
  • 「モンテッソーリ幼児教育」に学びつつ、子どもの発達に寄り添う支援をする。
<教育・保育の基盤>
  • 認定こども園教育・保育要領に基づく。
  • 子どもの実態を的確に捉え家庭との連続性を考慮する。
  • 保護者の願いに添う支援。
  • 地域との連携を図り、様々な人との関わりを活かして多様な体験をさせる。
  • 安全、安心な環境整備。
    ・事故防止 ・防災 ・行政機関との連携
「生きる力と心をもつ子ども」

おもいやりのあるやさしい子ども

けんこうでげんきな子ども

かんがえてせいかつする子ども

年齢毎のねらい
0歳児
●保健的で衛生的な環境の中で、心身ともに健康に過ごせる。
●繰り返しの生活の中で、個々が安定した生活リズムを確立する。
1歳児
●保健的で衛生的な環境の中で、自発的に快適な生活ができる。
● 一人一人の生理的欲求や思いが受け止められ、情緒が安定する。
2歳児
●安心して過ごす中で、情緒が安定し、自分の思いを表すことができる。
●食事、排泄、睡眠、身の回りのことなど生活に必要な基本的生活習慣や態度に関心を持ち、自分でしようとする。
3歳児
●基本的な生活習慣の自立をめざし、自信を持って自分の思いや感情を表現することができる。
●体を十分に動かして遊ぶ。
4歳児
●感じたことや考えたことを様々な方法で自信を持って伝えることができる。
●日常に必要な習慣の確立をめざして活動する中で、自分で考えて行動しようとする。
5歳児
●様々な活動に自信を持って取り組み、やり遂げた達成感を味わい、自信を持って主体的に生活し、生きる力を身につける。
● 友達や様々な人との関わりの中で一緒に過ごす楽しさを感じ、思いやりやいたわりの気持ちを持つ。
このページのトップへ